市場関係者はパウエル米連邦準備理事会(FRB)議長の講演と米国内総生産(GDP)に注目

27日、ボラティリティは少なめで、主要な経済イベントを控え、昨日の上昇を正す形で株価はわずかに下がりました。

パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長は、目標とする平均インフレ率を2%とするなど、財政政策に対して柔軟な姿勢を見せることが予想されています。

 

また、市場関係者は第二四半期のUS GDPの発表に注目しています。暫定値は、第一四半期の-32.9%から若干改善して年間-32.5%になることが予想されています。

四半期連続で記録した-30%のGDPは非常に厳しい不況を示していますが、なお株価は毎日上昇しています。

 

一方、貴金属は株と同時に昨日上昇しましたが、今日突如下がりました。

フランクフルトセッションで+-1%を行き来しながら、金と銀は低下しました。

 

FXは、EURUSDが若干1.18レベルを上回り、USDJPYが106付近を行き来するなど、表立った変化は見られていません。


 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。