オイルは6月以来の最大の下落

8日は金融市場と株式にとってマイナスの日となりました。WTIベンチマークは約6%失い、ブレントオイルも中国の需要減退への懸念から下落しました。ブルームバーグの調査によりますと、ウイルス対策前の消費レベルを下回っている為、アジアの精製業者4割のみが、10月の価格引き下げ後にサウジアラビアの原油の購入を試みるであろうと予測しました。

アブダビ国営石油会社も8日に値下げしました。これらは、世界最大の石油消費地域における低迷する需要の背景に対する対応を示しています。

需要は低く、V字回復の期待をはるかに下回っています。車、フライト、クルーズ、商品など、周期的なものすべてに当てはまります。

また、株価は再び下落し、市場がより高い状態を続ける前に、極端な位置付けを解く必要があります。ナスダックは史上最高値から11%減少し、修正ラインに入りました。

FXでは、リスクオフの流れが準備通貨をサポートしている為、USDが加速し始めています。 EURUSDは1.18を下回り、EURも8月の安値から上昇トレンドラインを下回りました。これは、強気トレンドが現在終りを見せている事を意味します。

本日9日、カナダ銀行は金融政策について、カナダドルに影響を与えるハト派的決定を下すと見込まれています。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。