昨日の下落がなかったかのように、市場は再び急上昇

2020/08/12

 

11日はインデックスがすべての日中の上昇から反転し、取引の最後の数時間で急激に下落した為、米国株式にとってマイナスの日でしたが、12日のロンドンセッションでは先物が1%上昇しました。

政府のデータによると、7月のスマートフォンの出荷が前年比35%も減少した中国からのマイナスのニュースにも関わらず、IT(情報技術)株は再び入札されました。
これは、出荷がそれぞれ10%と16%減少した5月と6月よりも急激な減少を示しています。

しかし、モバイルとチップのセクターがほぼ毎日高値を記録するように急上昇している為、影響は見受けられません。

FXでは、EURやGBPに対して下げ幅となりましたが、JPYやCFD商品に対しては高めとなりました。

これによりUSDと米国の株式にいくらかの変動をもたらす可能性があります。

 

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。