引き続き急上昇へ

 


9日の集会は、製薬会社ファイザーが開発したワクチンが最新の治験で90%有効であるというニュースに注目しました。この治験では、10人中9人の患者が強い免疫反応を示しました。


指数は5〜7%急上昇し、循環セクターが上回り、テクノロジーセクターが下回りしました。

10日は、株式ベンチマークが引き続き上昇しました。

米国の選挙に関して、9日にウィリアム・バー司法長官は、2020年の選挙での不正選挙の「実質的な申し立て」の調査を開始することを司法省に許可しました。

すべての調査が確認または拒否されるまで、数週間かかる可能性があります。それまで、選挙の公式結果は発表されません。

中国のCPIインフレ率は、10月に前年比でわずか0.5%上昇し、市場の予想0.8%を下回り、特に9月の1.7%から低下しました。

​トレーダー達は、EUでの最新のロックダウン後に打撃を受けると予想されるドイツのZEW調査に焦点を当てています。

USDは依然として横ばいで取引されていますが、9日は金属が5%下落しました。ワクチンの楽観的なニュースの中で石油は上昇し、40USDを超えて落ち着きました。
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。