ダウ・S&P500は史上最高値更新 良好な3月指数受け

2021/04/06

【日本】日経平均は大幅に3日続伸 米雇用統計や好調な米株先物受け 

■主なマーケットデータ(4月5日)
  • 日本株式
 日経平均株価     30,089.25円  + 235.25(+0.79%)
  安値 30,024.25円  -  高値 30,195.00円
 東証出来高  9,7236万株
 東証売買代金 2兆0953.99億円
 
4月5日の日経平均株価は大幅に3日続伸。2日に発表された3月の米雇用統計と米株先物がともに好調で上昇したことを受け、大台の3万円に乗せてスタート。先週末に続き、終日大幅なプラス圏で推移した。終値で3万円台は3月18日以来。今日は、祝日で海外市場が休みのところが多く、機関投資家の参入が希薄だった。
 
  • 為替(17時)
4月5日の東京外国為替市場は、イースターで多くの市場が休みとなり、豪州、NZ、中国、香港も休場で、いつもに比べると市場参加者が非常に少ない一日だった。USDJPYもほぼ横ばいで110後半での取引。17時時点では110.63-64。
 
EURはコロナ感染拡大を受け、若干のドル高。EURUSDの17時時点は129.89-91。EURJPYの17時時点は1.1741-42。
 
  • 短期金融市場
 無担保無担保コール翌日物金利  -0.010%
 
  • 債券
 国債先物・21年3月限  151.05(+0.04)
 10年長期金利  0.115%(変化なし)
 
 

【米国】

■主なマーケットデータ(4月5日)
  • 株式
 NYダウ平均  USD 33,527.19  +373.98 (+1.12%) 最高値更新
 NASDAQ総合  USD 13,705.593  +225.487(+1.67 %)
 S&P500      USD 4,077.91  +58.04(+1.44 %) 最高値更新
 
4月5日のダウ工業株30種平均は続伸し、史上最高値を更新。2日に発表された3月雇用統計(結果:91.6万人、予想:64.7万人、前回:37.9万人)や本日発表の3月ISM非製造業指数(結果63.7、予想:59.0、前回:55.3)が予想を大幅に上回り、米国の景気回復期待が高まった。ISM非製造業指数は、1997年の統計開始以来の最高記録。
 
ダウは初値から最高値を更新して始まり、景気敏感株が買われ終日プラス圏で堅調に推移。最高値を更新し終えている。長期金利が落ち着いており、ハイテク株も買われた。また、S&P500も最高値を更新した。
 
  • 為替(4月6日6時00分)
 USDJPY 110.17-110.21
 EURJPY 130.12-130.19
 EURUSD 1.1809-1.1814
 GBPJPY 153.07-153.24
 GBPUSD 1.3896-1.3905
 
4月5日のニューヨーク外国為替市場は、USDの戻り売りが強まる中で、一時110を下回ることもあった。その後、若干の上昇が見られ、本稿執筆時点(日本時間6時現在)では、110.17-21で取引されている。3月の経済指数が良好だったにも関わらず、長期金利も落ち着いており影響は限定的だった。
 
EURUSDはイースターマンデーで休暇と薄商いだが、反発。欧州におけるコロナウイルスの感染拡大の憂慮から、一時1.1738まで下げ幅を広げた。その後、米長期金利の低下を受けたドル売り圧力や、活況な株式市場を受けたリスク選好のドル売りが支援材料となり、この日の高値1.1820まで急激に上昇。小反落するも底値は堅く、本稿執筆時点では、1.1809-14で推移。意識される水準としては、21日線の1.1855付近と、200日線の1.1885。
 
EURJPYは小幅ながら続落。USDJPYとEURUSDの影響を同時に受け方向感が定まらず、本稿執筆時点では130.12-19で推移。
 
GBPUSDは買い戻しが強まり、1.39台を回復。21日線(1.3850付近)を回復しており、底堅い動き。本稿執筆時点では1.3896-905で推移。英政府は不要不急の国外渡航禁止措置を5月17日以降も続ける可能性に言及した。ジョンソン首相は会見で「航空業界が飛行再開を準備できるよう、できる限り多くの情報を提供したと考えている」と述べており、今後の動きに注目が高まる。
 
  • 債券
 米国債10年 1.706(-0.016)
 
  • 商品
 NY原油原油(WTI) 1バレル=USD58.65 -2.80(-4.56%)(5月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD1,728.80  +0.40(+0.02%)(6月渡し)
 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。