マージンコールとロスカット

マージンコールとロスカット

急な相場変動に備えるマージンコールとロスカット

FX取引の最大の魅力は、手元資金(証拠金)に、"レバレッジ"を利かせることによって、その何百倍もの大きな資金を運用する事が出来ることにあります。そのため、意図せぬ方向に相場が動いた場合、大きな損失が発生します。
AXIORYでは、元本の損失拡大を防ぐことを目的として、証拠金残高の評価損が拡大し証拠金維持率が一定割合以下に減少した際、証拠金の減少をお知らせする通知を行います。これを「マージンコール」といいます。
また、更に損失額が一定の割合を超えて増加した際には、対象の建玉(ポジション)は自動的に反対売買(決済)がなされます。これを「ロスカット」といいます。

マージンコール・ロスカットが発生する証拠金維持率(*)

マージンコール・ロスカットは、お客様の証拠金の維持率によって生じます。AXIORYでは、スタンダード/ナノスプレッド口座のマージンコールは、証拠金維持率50%以下、ロスカット発動は証拠金維持率20%以下になった場合生じます。

マージンコール・ロスカットが発生する証拠金維持率

買いポジション保有時に損失が発生した場合

買いポジション保有時に損失が発生した場合

(*)
「証拠金維持率」とは、建玉必要証拠金に対する純資産の割合を示します。
「証拠金維持率(%)」= 「有効証拠金」 ÷ 「必要証拠金」 × 100

マージンコールの表示

証拠金維持率が50%を下回り、マージンコールの対象になると、MT4のターミナルウインドウの損益表示欄は赤色で表示されます。

マージンコールの表示

ロスカットルール

証拠金維持率が20%以下になった時点で、お客様が保有する建玉のうち、評価損の大きいポジションから順にロスカット(強制決済)が実行されます。証拠金維持率はMT4ターミナルウィンドウの取引タブ内、または、cTrader建玉タブ内で確認いただけます。

3つの未決済建玉がある場合のロスカット執行順
未決済ポジション約定日時評価損ロスカットが執行される順番
ポジションA5月1日 xx時xx分-10,0002番
ポジションB5月2日 xx時xx分-50,0001番
ポジションC5月3日 xx時xx分-2,0003番
(*)
市場の状況によっては決済約定の順番が前後する場合があります。

流動性の低下によるロスカットの順番について

当社は、全ての取引をカバー先である「Liquidity Providers」(一般的にインターバンクと呼ばれる、世界的認知度の高い国際投資銀行・証券会社など金融機関のネットワーク)を介して執行しているため、各国の祝祭日や経済動向、取引時間帯等の要素により流動性が著しく低下した場合、ロスカットが順番通りに行われない場合がございます。

個人のお客様のお申込み

お申込から口座開設まで、
最短30分ほどで手続き完了します

お申込頂いてすぐに
デモ口座ご利用いただけます

AXIORYでは、トレーディングツールの代表格である「メタトレーダー4」に加え、プロ用トレーディングプラットフォーム「cTrader」の提供を開始。それぞれ、「スタンダード口座(STP方式)」「ナノスプレッド口座(ECN方式)」の2つの口座タイプをご利用頂けます。

  • お申し込みは、本人性確認書類(写真付き) 1点、現住所確認書類 1点が必要となります。
  • Axiory Global Ltdは、アメリカ合衆国や北朝鮮、ミャンマー、キューバ-、スーダン、シリア、並びに、イラン、イスラム共和国の居住者にサービスを提供していません。当社のサービスは、18歳未満のかたはご利用頂けません。

法人のお客様

FXplus unicef visa/master neteller skrill