低いスプレッドと手数料

他社と比べて、常に最も狭いスプレッド/手数料を目指して

当社は、FX取引における重要なポイントは、取引時に提示されるAsk「買」とBid「売」の為替レートの差額、つまり差スプレッドであると考えています。スプレッドは、「売り」と「買い」の為替レート差スプレッドのことです。AXIORYでは、このスプレッド値(狭さ)業界No1を目指しており、スプレッドの値(品質)は、当社が最も重視するポイントです。当社では、お客様に狭く安定的なスプレッド値を提供できるよう、次の点を実施しております。


スプレッド・取引手数料の低減

FX取引の環境をお客様に提供するにあたり、透明性があり、かつ公正で居続けることがお客様からの信頼を築いていく上で最も重要な要素でありかつ姿勢であると考えています。当社では、リクイディティ・プロバイダーから提示された価格に対し、「スタンダード口座 (STP)」は手数料として数pipsのマークアップを、「ナノスプレッド口座 (ECN)」は別途 “$3.00/1ロット”の取引手数料をいただいております。
中には、利益のために価格に不透明なマークアップを行ったり、市場価格の操作を行うといった悪質なFXブローカーもおりますが、当社ではこのような行為はお客様の利益と相反する行為であり、運営ポリシーに反するとして一切行っておりません。取引手数料やマークアップについてもすべて明確化してまいります。


ノン・ディーリングデスク (NDD)+STP/ECN方式

AXIORYでは、リクイディティ・プロバイダーからの提示価格に対し、スタンダード・アカウント(Straight Through Processing)は一定の手数料(スプレッドコミッション)を上乗せし価格表示し注文の約定を行います。そのためディーリングデスクで、お客様に不利な価格操作や約定拒否を行うことはありません。
それらの不正は、AXIORYグループのビジョンである「顧客利益の最大化」に反します。当社は、市場の操作や特定のプログラムの利用排除、不正なプラグインの導入など、お客様が疑念を抱く可能性のある運営は一切行わないことを宣言いたします。

AXIORYのサービスの核心は、公平で透明性の高いサービスを提供することです。顧客の利益の最大化を図り、それが顧客の満足度を高めるという好循環を目指し努力を続けています。これからもAXIORYは、この変わらぬ方針に基づき運営してまいります。

STPとECN


当社では、それぞれの口座タイプ(スタンダード口座、ナノスプレッド口座)で異なるティックデータを提供しています。ティックデータとはチャートを構成する時間・価格等の情報です。STP方式/ECN方式、それぞれの口座タイプには異なった属性があり、それぞれのスプレッドも価格も異なります。
その場合、表示されるチャートの形も当然ながら異なり、同じティックデータを用いるのは、バックテストなどの正確性に欠けるとの結論に至りました。

バックテストの結果を重視する投資手法(EAなど)の場合、過去の実績と自身のアルゴリズムを付け合わせ検証する「バックテストのプロセス」は非常に重要となってきます。ティックデータの正確性は、自動売買を成功させる鍵ともなります。
AXIORYが過去のデータにおいても、正確なティックデータを提供するのは、お客様がバックテストを行う際、正確なテスト結果を担保するものです。それは当社の透明性を確保するポリシーの1つでもあります。
他社のメタトレーダーと異なり、1つのメタトレーダーにおいて、異なるタイプの口座に切り替える際チャートがリロードされるのは、お客様へ正確なチャートを表示するための、信頼性の証だと考えております。

AXIORYでは、トレーディングツールの代表格である「メタトレーダー4」に加え、プロ用トレーディングプラットフォーム「cTrader」の提供を開始。それぞれ、「スタンダード口座(STP方式)」「ナノスプレッド口座(ECN方式)」の2つの口座タイプをご利用頂けます。

お申し込みは、本人性確認書類(写真付き) 1点、現住所確認書類 1点が必要となります。

Axiory Global Ltdは、アメリカ合衆国や北朝鮮、ミャンマー、キューバ、スーダン、シリア、並びに、イランの居住者にサービスを提供していません。当社のサービスは、18歳未満の方はご利用頂けません。