独総合PMI発表後、EURUSDが低下

IHSマークイットが21日に発表した8月のドイツ総合購買担当者景気指数(PMI)が予想を下回ったことを受け、EURUSDは1.1810付近で取引されました。

一方、製造業PMIは、7月の51から8月は53へと上昇しました。

サービス部門PMIは55.6から50.8に低下し、総合PMIを押し下げました。

フランスでは、製造業、サービス部門の両方において前月比で低下しました。

 

ユーロ圏購買担当者景気指数(PMI)速報値は、製造業部門は51.7に低下、サービス部門では54.7から50.1にまで落ち込みました。

サービス部門では、観光業界の損失及び、新型コロナウイルス第2波に対してロックダウン(都市封鎖)が再開されつつあるため、今後数ヶ月は停滞することが予想されます。

 

英国立統計局(ONS)が発表した7月の小売売上高は、予想に反して、新型コロナウイルスの感染拡大前を上回る結果となりました。消費者の強い需要が見受けられました。

一方、GBPは買いの反応はみられず、対USDは軟調に推移しています。

 

本日後半、米・7月中古住宅販売件数、米・8月製造業及びサービス業PMIの発表が控えています。

 

米株市場は上げ相場で推移しているため、今日さらに強気展開する可能性があります。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。