米ダウ反落 NYロックダウン受け ナスダックは反発

2020/12/15

【日本】日経平均 3日ぶり反発 ワクチン開始 景気関連株買い
■主なマーケットデータ(1214日)
*株式
 日経平均株価     26,732.44円  +79.92(-0.3%)
  安値 26,648.69円  -  高値26,870.47円
 東証出来高 11億5345万株
 東証売買代金 2兆3331億円
 TOPIX 東証株価指数  1,782.01円 +5.80(+0.33%)
 
*為替
 ドル/円(17時)  103.91-93円 
 ユーロ/円(17時) 126.28-32円 
 
*短期金融市場
 無担保コール翌日物金利(速報ベース)  - 0.028%
 
*債券
 国債先物・21年3月限  152.12(+0.06)
 10年長期金利  0.010%(変化なし)
 
■マーケット概況
 14日の日経平均株価は3営業日ぶりに反発。欧米での新型コロナウイルスワクチン接種開始による経済回復期待から景気敏感株が買われた。
 
 日本銀行が14日に発表した企業短期経済観測調査(短観)の12月調査は2期連続で改善、市場予想を上回った。さらに日本時間14日の米株価指数先物が堅調に推移したことも投資家心理を上向かせ、日経平均の上げ幅は一時200円を超えた。しかしながら、感染拡大が進み収束の見通しが立たず経済への打撃が厳しい局面から上げ幅が縮まった。
 
 EVや2次電池、水素関連はすさまじい勢いで物色され、今後ますます買いが広まる見込み。
 
 
【米国】
■主なマーケットデータ(1214日)
*株式
 NYダウ平均  USD29,861.55  -184.82 (-0.61%)
 NASDAQ総合  USD12,440.040  +62.168 (+0.50%)
 S&P500       USD 3,647.49  -15.97 (-0.43%)
 
*為替
 ドル/円 (15日6時43分)  104.00-01円

*債券
 米国債10年 0.898%  (+0.007%)
 
*商品
 NY原油(WTI) 1バレル= USD46.99 +0.42(-0.90%)(1月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD1,832.10  +11.50(+0.62%)(2月渡し)
 
■マーケット概況
 14日の米株式市場でダウ工業株30種平均は続伸して始まったが、ニューヨーク市が同日からレストランの店内飲食が再び禁止されたことで投資家心理が一気に冷え込んだ。
 
 ワクチン接種が開始したものの、新型コロナウイルスの感染再拡大に歯止めがかからず、経済の停滞を懸念した売りが優勢。一日も早い経済支援が求められていることが明白にも関わらず1カ月以上妥協点を見いだせていない米議会はもはや死に体。
 
 ナスダック総合株価指数は反発し、アマゾン・ドット・コムやネットフリックスなど「巣ごもり消費」銘柄が買われた。
 
■注目のニュース
・米コロナ死者、30万人超に
 14日、米国での新型コロナウイルスによる死者が30万人を突破した。12月の1日あたりの死者は約2400人と、11月のほぼ2倍に加速した。感染者の急増に伴い、病床や医師の不足が深刻な状況。人口当たりの死者数を見ると、ニュージャージー州やニューヨーク州などが多い。
 
・米大統領選 選挙人投票始まる
先月行われた大統領選挙で選ばれた合わせて538人の選挙人による投票が各州で行われ、バイデン氏が当選に必要な過半数の票を正式に獲得する見通し。これによって来月6日に連邦議会で行われる投票の集計で最終的に当選が確定する。
 
 
 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。