米国市場は軟調 ハイテク株が市場を支える

2020/12/23

【日本】大幅続落 変異種ウイルス懸念強まり全面安に 
■主なマーケットデータ(1222日)
*株式
 日経平均株価     26,436.39円  -278.03(-1.04%)
  安値 26,361.66円  -  高値26,639.99円
 東証出来高 10億7265万株
 東証売買代金 2兆0319億円
 TOPIX 東証株価指数  1,761.12円 -27.93(-1.56%)
 
*為替
 ドル/円(17時)  103.41-43円 
 ユーロ/円(17時) 126.34-38円 
 
*短期金融市場
 無担保コール翌日物金利(速報ベース)  - 0.020%
 
*債券
 国債先物・21年3月限  152.13(+0.05)
 10年長期金利  0.005%(-0.005)
 
■マーケット概況
 22日の東京市場はほぼ全面安で、大幅続落。新型コロナウイルスの変異種の感染拡大が嫌気され、景気敏感株を中心に幅広く売られた。
 
 外国人投資家がほぼ休みに入り、大型IPOもないため、年末までこの状況が続く見込み。値下がり銘柄数は2000を超え、東証1部全体の9割超の銘柄が下落した。
 
【米国】
■主なマーケットデータ(1222日)
*株式
 NYダウ平均  USD30,015.51  -200.94 (-0.66%)
 NASDAQ総合  USD12,807.918  +65.402 (+0.51%)最高値更新
 S&P500       USD3,687.26  -7.66 (-0.20%)
 
*為替
 ドル/円 (23日6時47分)  103.60-61円

*債券
 米国債10年 0.920%  (-0.013%)
 
*商品
 NY原油(WTI) 1バレル= USD47.02 -0.95(-1.98%)(2月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD1,870.30  -12.50(-0.66%)(2月渡し)
 
■マーケット概況
 22日のダウ平均は反落。休暇に入り始め、市場参加者が減少。軟調な推移となった。材料が出尽くし、利益確定売りが先行。その反面、アップルなどハイテク関連銘柄が買われ、市場を下支えした。ナスダック総合は12月17日の最高値(USD12,658.188)を更新。
 
 新型コロナウイルスの変異種の感染拡大への懸念はあるものの、ワクチン普及期待が上回っている。WHOを含む多くの専門家は、ファイザーとモデルナのワクチンは異変種のウイルスに対して有効との見解。アストラゼネカもロイターの取材で有効性があると示した。
 
 アップルの電気自動車参入計画を受け顧客情報管理(CRM)のセールスフォース・ドットコムやソフトウエアのマイクロソフトが買われた。
 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。