米国株式相場、記録破りの上昇

株価はまたも高値に更新されました。28日朝、米先物は0.5%アップ、欧株はおよそ1%アップで開始しました。

 

27日、第二四半期の米国GDPは、予想より若干良い-31.7%で発表されました。
ただし、対第一四半期では-5%という非常に深刻な結果です。

 

それにも関わらず、株価はなお上がり相場を続けています。連邦準備銀行は昨日、この状況がさらなる不安定要素を生み出すことを予想しています。

 

27日、パウエル米連邦準備理事会(FRB)議長はインフレ率が「一時的に」2%を上回ることを容認し、長期的に平均2%の目標達成を目指すことを発表しました。
これを受けて、市場が変動を見せる結果となりました。

 

連邦準備銀行は近年2%のインフレ率を上げることに苦戦しているため、さらなる財政緩和に進む可能性があり、それによって株価やUSDが高値を更新していくことが予想されます。
28日、USDは全体的に下がっており、EURUSDは昨日の1.19に向けて上昇を見せています。


28日後半、安倍晋三首相が辞任の意向を固めたことが発表され、市場関係者間でリスクオフ姿勢が強まり、日経平均株価は値下がりとなりました。
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。