中国PMIを受け、米国株再び上昇

31日の朝、米国株価は0.3%アップで取引されました。ヨーロッパの証券取引所も開始と同時に高値を見せました。本日、中国国家統計局が発表した8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は51で、7月の51.1から若干低下しました。

アナリストは51.2を予想していましたが、景況改善・悪化の分岐点の50は引き続き上回る結果でした。

 

一方、サービス業のPMIは、7月の54.2から55.2へ改善しました。

発表がある度に株価が上昇し、再び買い気配を呈しています。

 

FX市場は今日、USDは主要な通貨に対し、大きな変動がなく落ち着きを見せています。

EURUSDは1.19近辺で取引されています。GBPは1.33以上で取引され、USDJPYは105.50近辺で取引されています。

 

商品先物市場では、銀は1.5%回復し、金は1,965USD前後で大きな変動はありませんでした。

原油は中国のPMI発表後買いの動きが見られ、WTIは1%アップの43.30USD前後で取引されています。


 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。