新型コロナウイルスワクチンの臨床試験のニュース後株価が反発。欧州中央銀行(ECB)理事会にも注目。

10日の株価は上がり相場となり、主要な株価指数は2-4%の大幅なキャピタルゲインを記録しました。

投資家は欧州中央銀行(ECB)理事会に注目しており、このまま買いが続くのかが焦点となりそうです。

昨日、英製薬アストラゼネカは、オックスフォード大学との共同開発による新型コロナワクチンの臨床試験で、被験者が原因不明の病気を発症したことを受け、一時中断していました。その後、フィナンシャルタイムズが来週の試験再開について報じ、株価は継続して上昇しました。

 

本日後半、欧州中央銀行は、財政政策を決定する予定です。現在EURが非常に強いと考えられる1.20付近で取引されているため、市場関係者は再びハト派な会合になることを予想しています。

 

焦点は、輸出の観点から欧州中央銀行(ECB)がEURを安値にしていくかどうかになりそうです。

 

一方、米新規失業保険申請件数が発表を控えており、今回は若干低下する見込みです。これによりまたも株価上昇する可能性があります。

 

コモディティ市場も今日回復を見せ、直近の損失から挽回しました。WTI原油も37 USD近くにまで上がり、再び需要が高まっています。金は1,945 USD前後で取引されました。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。