米国株が引き続き上昇

トレーダー達は14日に再び米国の株式先物を買い、指数はロンドンのセッション中に0.5%高く取引されていた。14日に発表されたデータは、8月の中国の景気回復の継続的な進歩を示し、小売売上高は前年比0.5%増加、そして鉱工業生産は前年比45.6%増加しました。どちらの数値も予想を上回り、小売売上高は2020年初めての増加を報告しました。

USDは引き続き弱気で取引されており、EURUSDは再び1.19レベルをテストしており、コモディティ関連の通貨も昨日から特に強いようです。

また、コモディティも同様に高く、主にドル安により、金は再び2,000USDに向かって押し上げられていますが、銀は最後のチェックで27.30USD近くに見られました。

ドイツのZEW調査は期日となり、市場はEURとドイツのDAX指数に影響を与える可能性のあるわずかな減速を予想しています。

そして、米国のセッション中に輸出入価格指数と工業生産および稼働率の数値が発表されます。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。