投資家は連邦準備銀行によるハト派寄りの会合に注目

16日、ボラティリティが弱まり、株価はロンドンセッション中わずかに上昇しました。

連邦準備銀行は今日から2日間に渡って金融政策決定会合を開きます。

インフレに関して寛容な見解を示した先月以来です。

 

投資家は、連邦準備銀行が「平均物価目標」の導入を決めた理由について注目しています。
米中央銀行は「平均物価目標」を死守する必要があるため、連邦準備銀行は再び量的緩和策を示すだろうと予想されています。

 

量的緩和策が実施されれば、株は買い市場となり、USDは売りとなります。

したがって、連邦準備銀行が期待を裏切らない限り、株価や貴金属は上昇し続け、逆にUSDは低下するでしょう。

 

米中央銀行の会合は明日まで続き、日英の中央銀行の財政政策も控えています。

日英の中央銀行の会合では、特に大幅な変更はなく現状維持に留まると予測されています。

 

貴金属は再び上昇し始め、金は1,960 USD、銀は27.30 USDにて取引されています。


 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。