月曜日、株価が再び減少

21日、株式市場は再び売りの勢力が強まりました。米株価はおよそ0.5%減、ヨーロッパ株価は1%減で始まる予測がされました。
日曜日、新型コロナウイルスに関して、イギリスのハンコック保健相は「我が国は分岐点にある」と警告しました。
欧州では新型コロナウイルスの発症数が増加しつつあり、多くの都市で再びロックダウンが始まる見込みです。

 

ロックダウンにより、経済成長が滞り不景気が深刻化することが予想されます。
株価アップとなるかは差し置き、米中央銀行は紙幣を増刷すると見られています。

 

先週水曜日の連邦準備銀行の期待外れの会合結果により、多くの株価が減少し、買いが高まった時期は急速に買い戻しとなりました。
状況の改善が見込めない場合は、さらに5〜10%の減少する可能性もあります。

 

経済カレンダーで注目すべき内容は本日ありませんが、米連邦準備理事会のパウエル議長は地域社会再投資法について、米連邦公開市場委員会(FOMC)のメンバーと会合する予定です。

ただし、財政政策ではないため、ボラティリティが発生する見込みはありません。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。