USDの下落の中、株価は上昇へ

28日にUSDは下落したが、週末にかけてセンチメントが改善した為、株価指数は上昇しました。ロンドンのセッション中、米国の株式先物は0.5%以上上昇し、EU証券取引所も力強くオープンしました。週末のデータは、8月の中国の産業会社の利益が4ヶ月連続で増加した事を示しており、世界第2位の経済の景気が回復していることを提案しています。

しかし、多くのアナリストやエコノミストは、経済的ケースであろうとコロナウイルスのケースであろうと、中国のデータを疑っています。その為、特にヨーロッパ全体で急激な上昇が見られ、米国での上昇が見られる場合には、楽観的な見方は長続きしない可能性があります。

今日後半は、ECBのクリスティーヌラガルド氏は、ブリュッセルの欧州議会のECON委員会で紹介声明を発表する予定です。彼女の言葉はEURUSDとおそらくEU株式にも影響を与える可能性があります。

金属は今日の株価の上昇に影響されず、銀が1%急落し、金が0.15%下落した為、再び売り切れました。

中国の数字がプラスであるにもかかわらず、WTI石油も下落し、石油ベンチマークは重要な40USDのしきい値を下回りました。
 


 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。