株価が下落し、USDは上昇へ

30日はEU株価が下落し、28日の利益を消し去りました。さらに、米国株式先物はロンドンセッションに先立ってほぼ1%下落しました。

一方、英国の経済は、コロナウイルスの封鎖措置が実施された今年の第2四半期に19.8%縮小しました。これは、当初の推定していた20.4%の生産量の減少よりもわずかに小さい減少です。

英国はすでに地域の封鎖を再導入している為、持続的な景気の回復は現時点では予想されておりません。

今日前半では、中国の購買担当者景気指数(PMI)は予想よりも良く出ておりましたが、市場はそれらに影響を受けておりません。

セッション後半には、米国の第2四半期のGDPの改訂が予定されており、9月のADP雇用が変更されます。市場参加者は、8月の428,000人から648,000人の新規雇用を期待しています。

​USDはアジアのセッションでわずかに強く出ていた為、貴金属に影響を与え、金は0.5%下落しましたが、銀は1.5%下落し、23.80USD近くで取引されました。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。