再び株価が急上昇

火曜日のフランクフルトセッションでは明確なカタリストがなかった為、株式は再び入札され、米国の指数は0.5%強い取引でした。

第1段階の貿易協定の最初の6か月を検討する為に、投資家達は土曜日に開催される米中の最高貿易担当者の間の会議を待っています。

現在起こっているパンデミックと悪化している外交関係により、中国は米国からのエネルギーと農産物の購入にはるかに遅れが出ておりますが、投資家達は気にしていないように見え、唯一の理由は株式のようです。

その日のうちにドイツのZEW(欧州経済研究センター)の調査はやや改善すると予想され、トレーダーは米国のPPIインデックスにも注目しています。これは月次ベースで上昇すると予測されています。

FXで、米国ドル紙幣はユーロに対して強化しており、EURUSDの通貨ペアは素晴らしいダブルトップパターンがあるように思われており、このパターンはユーロを1.15に戻す可能性があります。
 

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。