米経済政策の合意期待やトランプ大統領回復を好感して上昇

トランプ米大統領の新型コロナウイルス感染のニュースを受け、米国株価先物は先週の落ち込みから上昇へ向かいました。

トランプ氏の医療チームによれば、本日トランプ氏はウォルター・リードを退院できる見込みとのことです。

しかし、外部専門家がトランプ氏の病状に懸念を示すなど、米政治の不透明感は依然投資家の間に緊張を与えています。

 

本日後半、9月の欧州連合複合購買担当者景気指数(PMI)の最終値が発表を控えていますが、特にサービス部門に関しては急速に後退していることが伺えます。

ほとんどの欧州の国が、サービス部門の数値について、前回のレポートの閾値である50.0を下回る数値を公開しました。

 

さらに、8月の欧州小売売上高も公開される予定です。

8月の数値に関しては投資家は期待を寄せていますが、今後秋冬にかけての経済状況については不安が募る一方です。

 

金は経済交換を受け下がり、貴金属は1,900 USDの閾値以下に戻りました。

銀は利益を出し、WTI原油は2%上昇し37.80 USD前後で取引されました。

 

本日の取引値は、トランプ氏の病状回復に変更がない限り、上昇傾向が続く見込みです。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。