株価が再び上昇へ

6日の大幅な下落は完全に忘れられ、米国の指数は8日にさらに0.5%上昇し、7日の2%上昇後も上昇を続けています。

​セッションの後半では、前回の会議からの欧州中央銀行(ECB)の議事録の期限が切れ、 ECBは追加の刺激策を提供する事に関してそれほど熱心ではありませんでしたが、状況が変わったようです。

特にヨーロッパを襲ったコロナウイルスの第二波は多くの制限をもたらし、さらなる経済減速の恐れを引き起こしました。 
ECBのクリスティーヌ・ラガルド氏は今週初め、V字型の回復が不安定に見えると述べました。

彼女のコメントはハト派と解釈される可能性があり、更なる刺激に繋がる可能性があります。

基本的には、世界経済の脆弱化や失業者の増加による影響は少なく、中央銀行と政府が市場を氾濫させ続ける限り、株価は常に上昇するでしょう。

その他、今週行われる米国の失業保険請求の改善が注視されています。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。