13日、J&Jのコロナワクチン臨床試験中断を受け、米株価指数先物下落

13日今朝は売りが見られ、投資家は昨日の株価上昇で利益を獲得しました。

アジアの取引時間中、9月の中国の輸出は+9.9%と前月の+9.5%から増えたことが発表されました。

中国9月の輸出統計は4ヶ月連続で伸びており、中国経済が新型コロナウイルス打撃から回復しているとの楽観的見方が広がっています。

 

インフレ率がゼロを下回るドイツからは楽観的な統計は出ておらず、欧州中央銀行(ECB)による新型コロナウイルス対策の追加刺激策に期待が高まっています。

 

本日後半は、10月のドイツZEW景況感指数が発表を控えています。

市場関係者は、経済に不利なロックダウンや各規制の現状を受け、前回のデータより悪化することを予測しています。

 

9月の米消費者物価指数(CPI)も本日発表される予定で、注目が集まっています。

1.4%へ改善する見込みですが、連邦準備制度理事会の目標2.5%からはかけ離れた結果となりそうです。

 

アメリカの製薬大手ジョンソン・エンド・ジョンソンは、「試験の参加者に原因不明の症状が出たため」として、開発中の新型コロナウイルスのワクチンの臨床試験を一時的に中断しました。

このニュースを受け、株価は昨日の上昇をもみ消す結果となりました。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。