16日、株価もドルも大きな変動見られず

16日、ロンドン取引時間中、米株、USDともフラットに取引され、大きな変動は見られていません。

欧州の新型コロナウイルスの状況は収拾がつかない状況になりつつあります。

明日からロンドン市民は家族以外の他人との交流が禁止され、パリやその他のフランスの主要都市では門限も課されました。
さらなる規制や事業停止は、チェコ、スロバキア、ハンガリー、ポーランド、ドイツなどヨーロッパ各国で課されています。

 

さらに、昨日、イギリスの欧州連合(EU)離脱(ブレグジット)に向けた協議では進展に至りませんでした。

両者が離脱前と変わらぬ関係を続ける「移行期間」の期限、今年12月31日まで残りわずかです。

その後、EURUSDのペアは1.17まで下がりました。

 

コモディティでは、WTI原油が40 USDの閾値付近で揺れ動き、金・銀も横ばいで動くなど、脈略のない取引が続いています。

 

今日後半、欧州の9月の消費者物価指数及び貿易収支が発表を控えています。

さらに、重要な指数となる米国の9月の小売売上高の発表も控えています。


 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。