20日、米株下落、経済政策への不透明感で

ロンドン取引時間を前に米株は買いが強まり高値で取引されましたが、6日連続で株価が下がっているため、この傾向は一時的なものと考えられそうです。

昨日、米追加経済対策を巡り、ペロシ下院議長とムニューシン米財務長官は「引き続き合意に関する隔たりを狭めている」と述べました。
報道官によると、ペロシ氏は大統領選前の経済対策実現が可能かどうか20日中に明確になることを期待しており、本日も協議する見通しです。

 

大統領選前に経済対策が実現する期待が高まっていますが、実現しなかった場合はロングポジションはクローズされ、株価が大きく変動する可能性があります。

 

本日後半は、9月の米国住宅着工件数及び建設許可件数の発表が控えています。

市場関係者の間では、回復が予測がされています。

 

その他の取引商品には、大きな変動は見られていません。

FXも著しい動きは見られず、WTI原油は40 USD台を移行、金は1,900 USD前後、銀は24.50 USD前後で取引されています。


 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。