センチメントはわずかに回復するが、プレッシャーは残る

 


28日の欧州指数は急落し、DAXは4.2%低下、CACは3.4%低下、FTSE指数は2.6%低下しました。

29日のEU証券取引所は、一部のショートカバーにより株価が上昇した為、1%上昇しましたが、全体的の状況は変わっていません。その為、本日の集会は今週の巨額の損失を修正する可能性が高く、市場が下落しない事を予想しています。

 そして、本日後半には、ECB会議が予定されています。政策立案者は、12月までさらなる緩和策を発表するのを待つ可能性があり、統治評議会は封鎖の影響をより明確にするでしょう。

 また、刺激策をさらに2か月遅らせる事は、株式市場にとって、悪影響になる可能性があり、弱気なトレンドが今後数日間続く事も予想しています。これは、米国の財政刺激策にも当てはまり、投資家は株式を売る方向に動いています。

 さらに、第3四半期の米国のGDPが発表され、市場は第2四半期の-31.4%から31%の大幅な上昇を見込んでいます。しかし、世界経済はすでに減速している為、第4四半期の数値がより重要になる可能性があります。

 米国の失業保険請求の期限が迫っており、多くの人が望んでいたほど早い変化はありませんが、労働市場は改善しています。

 FXでは、リスクオフフローが安全なUSDを強化する為、USDは勢いを増しているようです。それは貴金属にとっても弱気であり、28日には銀と金の両方が急落しました。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。