米大統領選挙への期待で米国株続伸

2020/11/04

誤差の投票が勝利の決め手となりそうな今回の大統領・議会選で、市場はボラティリティを呈し、経済対策が実現するとの期待感により米国株価は続伸しています。

アジア取引時間で株価は上昇し、その後ダウ工業株、S&P 500種をはじめとする主要株価が反落しました。欧州株価も同様です。

 

FXでは、USDは主要10通貨に対し一時高値で取引されましたが、0.8%低下し、ここ2カ月余りでは最大の下げを記録しました。

 

トランプ氏は激戦州のうち、フロリダ、アイオワ、オハイオを制し、バイデン氏はトランプ大統領が4年前に勝利したアリゾナ州で勝利しました。

引き続き、ミシガン、ペンシルベニア、ウィスコンシン州を含むその他の州では、前例がないほどの数の郵便投票により、現在も開票が続いています。

 

一方、米上院選では、共和党が過半数を維持しています。

 

トランプ氏が勝利した場合、共和党は2兆ドル以上の追加経済刺激策に反対を示しており、大規模な経済政策は見込めません。
しかし、その影響は短期に止まる可能性が高く、近年株価を回復させていきたトランプ氏の経済政策、特に連邦準備銀行が金融緩和を実施すればなお、長期的な傾向は上がり相場となることが予測されます。


 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。