米株価急増、ナスダックは史上最高値に近づく

今週、ナスダック100指数先物はロンドン取引時間で9月に記録した史上最高値付近で取引され2%上昇するなど、市場が予測した通り米株価は再び急増しました。

この勢いが続く場合、数時間で再び最高値を更新する可能性もあります。

その他主要株価も、独DAXは2%アップ、英FTSE100が1.7%アップで取引されるなど急上昇しました。

欧州各国のロックダウンによる経済不安があるにも関わらず、英FTSE100は10月の最安値との比較で10%近くの上昇、独DAXは12%の上昇を記録しています。

 

各メディアは既にジョー・バイデン前副大統領を米国新大統領として発表しています。

しかし、トランプ米大統領は、不正投票の可能性に関して、複数のスイング・ステート(選挙の度に勝利政党が変動する州)に対し、法廷で争う姿勢を示しました。

死人や登録者以上の投票、子供による投票、バイデン氏にのみに投票をさせるソフトウェアの欠陥など、様々な噂がインターネット上で飛び交っています。

真相が不確かな場合、選挙に関しては公平であるべきであり、トランプ氏にも不正投票の懸念を調査する権利があります。

 

新型コロナウイルスの感染者数は全世界で5,000万人を超え、アメリカでは4日連続で1日当たりの死者数が1,000人となるなど、急増し続けています。

この現状にも関わらず、経済政策への期待から株を購入する傾向があります。

経済政策が実際に実施される前から株価が上昇しているため、政策が不要なようにも思われます。

 

本日後半、ラガルド欧州中央銀行(ECB)総裁及びベイリー英中銀(BOE)総裁の発言が控えており、ボラティリティの要因となる可能性があります。

その他、特記するべき経済カレンダーは特にありません。


 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。