米国市場は大幅反落 個人の投機売買に警戒感 

2021/02/01

【日本】日経平均大幅続落 リスク回避姿勢高まる
■主なマーケットデータ(1月29日)
*株式
 日経平均株価     27,663.39円  -534.03(-1.89%)
  安値 27,629.80円  -  高値 28,320.72円
 東証出来高  15億7635万株
 東証売買代金 3兆2329億円
 TOPIX 東証株価指数  1,808.78円 -30.07(-1.64%)
 
*為替
 ドル/円(17時)  104.54-56円 
 ユーロ/円(17時) 126.53-57円 
 
*短期金融市場
 無担保コール翌日物金利(速報ベース)  - 0.012%
 
*債券
 国債先物・21年3月限  151.82(-0.11)
 10年長期金利  0.050%(+0.015)
 
■マーケット概況
1月29日の日経平均株価は大幅に続落。朝方は好決算銘柄を中心に買いが先行し、123円高からスタート。しかし、ボラティリティー(変動性)の高い相場への警戒から、リスク回避の売りが増加した。1月7日以来、3週間ぶりに終値が2万8000円割れとなった。
 
業種としては、電気・ガス、機械、非鉄金属、空輸業が下落率上位。一方、不動産業、証券・商品、海運業の3業種が上昇。
 
値下がり寄与トップは東京エレクトロンとなり1銘柄で日経平均を74.18円押し下げた。2位はソフトバンクグループ(-38.26円)。この2銘柄で約112円押し下げている。エムスリー(-27.14)、KDDI(-26.15)、ファーストリテイリング(-23.05)、信越化学(-21.43)、ダイキン工業(-20.53)などがつづいた。
 
一方、値上がり寄与トップは大日本住友製薬となり1銘柄で日経平均を4.47円押し上げた。トレンドマイクロ(+3.60)、三井不動産(+2.47)、太陽誘電(+2.16)、セコム(+1.66)と続いた。
 
 
【米国】
■主なマーケットデータ(1月29日)
*株式
 NYダウ平均  USD29,982.62  -620.74 (-2.02%)
 NASDAQ総合  USD13,070.695  -266.463(-1.99%)
 S&P500       USD3,714.24  -73.14 (-1.93%)
 
*為替
 ドル/円 (2月1日6時03分)  104.68-70円
 
*債券
 米国債10年 1.072%  (+0.027)
 
*商品
 NY原油(WTI) 1バレル= USD52.20 -0.14(-0.27%)(3月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD1,850.30  +9.10(+0.49%)(4月渡し)
 
■マーケット概況
1月29日のニューヨーク株式市場は大幅反落。ネット証券のロビンフッドが価格変動の大きい銘柄に対する取引制限を緩和した。一部の個人投資家による投機的な取引が市場の混乱を引き起こすと懸念され、幅広く売られた。値幅制限の緩和により、ゲームストップ(+68%)と、AMCエンターテインメント(+54%)は上昇した。
 
さらに、ヘッジファンドなどがゲームストップ株の空売りで出した数十億ドルの損失を補填するため、保有する主力株式の一部を売却。アップル(-3.7%)やマイクロソフト(-2.9%)が下落した。
 
また、ジョンソン・エンド・ジョンソンが現在開発中の新型コロナウイルスワクチンの有効性が低く失望され、株価が3.6%安となった。有効性は66%と、米ファイザー・独ビオンテックや米モデルナのクチンの有効性(95%程度)と比較するとかなり低い。ダウ平均やS&P総合500種指数に影響を及ぼしている。
 
ダウ工業株30種平均は、昨年12月14日以来の3万ドル割れとなった。業種別ではエネルギーが3.39%安となったほか、IT、資本財、一般消費財、生活必需品、金融も2%超下落。S&P500の全11セクターが値下がりした。
 
個別銘柄では、化学大手ダウがダウの構成銘柄で下落率首位(-4.6%)。予想外の赤字に転落した石油大手シェブロンが4.3%安。マイクロソフトは2.9%安。一方、マクドナルドは0.6%高と、ダウ銘柄で唯一上昇した。
 
■注目のニュース
・米共和党上院議員10人 経済対策代替案を提案
米共和党の上院議員10人は、約6000億ドル(約62兆8600億円)規模の経済対策代替案を提案。バイデン大統領との協議を求めた。2月1日に代替案を公表する予定で、直接給付額を最大1000ドルにする見込み。バイデン大統領の経済対策案は、昨年12月に決定した600ドルに続き、1400ドルの現金給付上積みが盛り込まれていた。今回の提案は、バイデン大統領が個別に経済対策促進に向け先週電話で協議したメイン州のスーザン・コリンズ上院議員が率いており、前進が期待される。
 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。