ダウ6日続伸 3週ぶり最高値更新 経済対策期待続く

2021/02/09

【日本】日経平均30年半ぶり29000円台 TOPIX、時価総額も過去最高

■主なマーケットデータ(28日)

*日本株式

 日経平均株価     29,388.50円  +609.31+2.12%)最高値更新

  安値 28,817.60- 高値 29,400.56

 東証出来高 158595万株

 東証売買代金 33924億円

 TOPIX 東証株価指数  1,923.95円 +33.00+1.75%)最高値更新

 

日経平均株価は大幅に続伸し、199083日(29515円)以来、約30年半ぶりの高値。TOPIX東証株価指数も続伸し、916月以来、約298カ月ぶりの高値水準となった。米追加経済対策の早期成立の見込みが高まり、投資家心理が上向いた。好調な決算から企業業績の回復の兆しが感じられることや、アジア株が堅調に推移したことも追い風となった。

 

東証1部時価総額も201822日の7007824億円を上回り、過去最高の707兆円となった。

 

*為替(17時)

 ドル/円  105.47-105.49

米財政政策が順調に進んでいることから米金利が上昇し、ドル、円の下支えとなった。また、日本株の大幅上昇も円安材料となっている。

 

 ユーロ/円 126.99-127.03 

5営業日ぶりに反落。アジア各国の株高を背景に円売り、ユーロ買いが活発となった。

 

*短期金融市場

 無担保コール翌日物金利(速報ベース)  - 0.011%

 

*債券

 国債先物・213月限  151.50-0.14

 10年長期金利  0.065%+0.010

 

【香港】(28日)

香港ハンセン指数 HKD29,319.47  +30.79 (+0.10%

小幅続伸。前週末のニューヨーク市場の株高を受け上昇からスタート。上海総合指数が4営業日ぶりに反発したことも安心感につながった。今週からの春節(旧正月)の連休を控え、利益確定売りと重なり上げ幅が縮小した。

 

 

【米国】

■主なマーケットデータ(28日)

*株式

 NYダウ平均  USD31,385.76  +237.52 +0.76%)最高値更新

 NASDAQ総合 USD13,987.642 +131.346+0.94%)最高値更新

 S&P500   USD3,915.59  +28.76 +0.74%)最高値更新

 

*為替(29621分)

 ドル/円  105.23-105.24

 ユーロ/円 126.80-126.81

 ユーロ/ドル1.2048-1.2050

 ポンド/円 144.59-144.65

 

ニューヨーク為替市場のドル円はドルが戻り売りに押される展開。金曜日に発表された米雇用統計は弱い内容だったものの、経済対策期待から、市場のインフレ期待が高まっている。

 

ユーロドルは一時1.2065ドル近辺まで買い戻される場面があった。先週は大きな心理的節目の1.20ドルを割り込む場面が見られていたが、価格を保っている。

 

ポンドドルは1.36ドル台に下落していたものの買い戻しが強まり、1.37ドル台に戻す展開となった。円ドル同様、インフレ期待からドルの買い戻しが強まっている。

 

*債券

 米国債10年 1.171% +0.007

 

*商品

 NY原油(WTI) 1バレル= USD57.97 +1.12+1.97%)(3月渡し)

 NY金(COMEX) 1オンス=USD1,834.20  +21.20+1.17%)(4月渡し)

 

■マーケット概況

ダウ工業株30種平均は半年ぶりの6日続伸。米国の追加経済対策が早期に成立し、景気回復を後押しするとの期待から買いが強まった。経済対策の恩恵を受ける景気敏感株が上昇。

 

米民主党は財政調整法を活用し、単独で追加経済対策を成立させる手続きを進めている。失業給付の特例措置が失効する3月中旬前に成立するとの見方が強まっている。イエレン米財務長官は7日のCBSの番組で、「労働市場は失速しつつあるようだ。景気減速が長期化すれば恒久的なダメージを被りかねない。」と指摘。また、CNNの番組で、十分な支援がなければ米労働市場は2025年まで回復しない可能性があると述べたことも後押しした。

 

個別銘柄では、ディズニーが上昇したほか、シェブロン、ゴールドマン、ボーイングも堅調。キャタピラー、シスコシステムズも買われた。一方、ナイキ、ビザ、メルク、マクドナルドが軟調。

 

ナスダックも最高値更新。半導体関連銘柄が上昇し、エヌビディア、AMD、インテル、マイクロンが買われ指数を支えたト。一方、アマゾンやアルファベット、フェイスブックといった大手IT株は下落。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。