ダウは横ばい ナスダック・S&P500は最高値更新

2021/02/12

【日本】祝日のため休場(211日)

*為替(17時)

 ドル/円  104.50-104.52

日本と中国が休場のため薄商い。ドル円は、材料に乏しく同水準が続く。前日の同時点に比べわずかに円高・ドル安で、ドル売りが優勢。

 

 ユーロ/円 126.77-126.81 

ユーロ円は15時時点(126.83円)と比べ4銭程度のユーロ安。ユーロドルは堅調。

 

【香港】(211日)

 香港ハンセン指数 HKD30,173.57  +134.85 (+0.44%)  最高値更新

春節(旧正月)前日の午前のみの取引だったが、20186月以来の高値で取引を終えた。連休前のポジション調整もあったが、バイデン大統領と習近平国家主席が初の電話会談を行なったことから買いが入った。IT・ハイテク、不動産、金融が買われ活況。香港株式市場は、12日から15日まで、中国株式市場は11日から17日まで休場。

 

【米国】

■主なマーケットデータ(211日)

*株式

 NYダウ平均  USD31,430.70  -7.10 -0.02%

 NASDAQ総合 USD14,025.774 +53.240+0.38%)最高値更新

 S&P500   USD3,916.38  +6.50 +0.17%)最高値更新

 

*為替(211702分)

 ドル/円  104.73-104.74

 ユーロ/円 127.06-127.07

 ユーロ/ドル1.2131-1.2133

 ポンド/円 144.72-144.78

 ポンド/ドル 1.3810-1.3814

 

ニューヨーク為替市場は小幅な値動き。ドル円は104円台で横ばい。ドルが買われる様子はなく、下落の気配も漂っている。ユーロドル、ユーロ円も同様の状況。

 

ポンドドルは1.38ドル付近まで下落。EU離脱と新型コロナウイルス感染症拡大による経済的な打撃が深刻である上、北アイルランド議定書の問題など、ボラティリティ高まるとの見通しが出てきた。

 

 

*債券

 米国債10年 1.165%-0.042

 

*商品

 NY原油(WTI) 1バレル= USD58.24 -0.44-0.75%)(3月渡し)

 NY金(COMEX) 1オンス=USD1,826.80  -15.90-0.86%)(4月渡し)

 

■マーケット概況

ダウ工業株30種平均はほぼ横ばい。このところの株高の警戒感から、上昇していた景気敏感株が利益確定売りされた。しかし、景気回復への期待感の高まりや好調な企業決算から下げ幅は限定的だった。

 

朝方に労働省が発表した26日までの1週間の新規失業保険申請件数(季節調整済み)は793000件と、前週の812000件から小幅に改善。依然厳しい状況が続いているが、追加経済対策への期待が高まり市場への影響は軽微。追加経済対策については、民主党のペロシ下院議長は11日の会見で、現行の失業保険の増額措置が切れる3月中旬までに対策を成立させる見通しを示している。

 

原油相場の上昇を背景に買われてきた石油のシェブロンや、スリーエム、IBMが下落。米長期金利の上昇局面で買われたゴールドマン・サックスなど金融株が安い。一方、インテル、ビザ、セールスフォース、コカ・コーラ、ナイキも買われた。また、ウーバー・テクノロジーズは発表した決算では、配車利用の落ち込みを宅配事業で補填できなかった。この結果により3.93%下落。

 

ナスダックは半導体関連が買われ指数を支えている一方、利益確定の動きも出ているが最高値をわずかに更新。S&P500種株価指数もわずかに上昇し、最高値を更新した。

 

暗号資産(仮想通貨)ビットコインの高値更新が続き、ビットコイン取引サービスを手掛ける決済サービスのスクエアも上昇。マスターカードとBNYメロン銀行が仮想通貨取引に参入と報じられ、それぞれ買われた。

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。