ダウ連日最高値更新 金融緩和の長期化を好感

2021/02/18

【日本】日経平均反落 米長期金利上昇と過熱感から売り 
■主なマーケットデータ(2月17日)
*日本株式
 日経平均株価     30,292.19円  -175.56(-0.58%)
  安値 30,191.01円  -  高値 30,398.20円
 東証出来高  13億7152万株
 東証売買代金 2兆7670億円
 
日経平均は3日ぶり反落。米長期金利上昇や連日の株高から警戒感が出て、利益確定売りが先行した。電機や機械など輸出関連が安い。情報・通信や不動産など金利上昇による影響がある業種も下げた。その半面、資源価格の上昇や景気期待から商社や鉱業、非鉄金属が高い。
 
*為替(17時)
ドル/円  106.01-106.03
円は4日続落。ほぼ半年ぶり高値をつける場面もあったが、株安から円が堅調。その後、夕刻に入って、ドルは再び106円台に乗せた。米経済が早期に正常化するとの期待で米長期金利が上昇し、日米金利差が拡大し円売り・ドル買いとなった。しかし、米長期金利の上昇が落ち着き、先週から急激に円安が進んだ反動もあり、利益確定目的の円買い・ドル売りも入り、次第に下落。
 
ユーロ/円 127.99-128.03   ユーロ/ドル 1.2130-1.2150
イタリアでドラギ前欧州中央銀行(ECB)総裁の首相就任による政局の安定が好感され、ユーロ円はユーロ高、円安。ユーロドルは、株高のリスク選好の動きがドル売りを誘う形でのドル全面安基調に。
 
*短期金融市場
 無担保コール翌日物金利(速報ベース)  - 0.022%
 
*債券  
 国債先物・21年3月限  151.23(-0.28)
 10年長期金利  0.095%(+0.020)
 
【香港】
香港ハンセン指数 31,084.94 +338.28       (+1.10%)最高値更新
7営業日続伸。節目の3万1000を上回り、2018年6月以来2年8か月ぶりの高値だった。香港では18日から飲食店の営業が18時から22時まで延長されるなど新型コロナウイルス対策の各種規制が約2か月半ぶりに緩和される。この動きを受け、経済活動への期待や、春節(旧正月)連休後の中国本土からの投資資金流入への期待が市場を支えた。不動産や従来型産業関連の銘柄が買われた。
 
【米国】
■主なマーケットデータ(2月17日)
*株式
 NYダウ平均  USD 31,613.02  +90.27 (+0.28%)最高値更新
 NASDAQ総合  USD 13,965.495  -82.004(-0.58 %)
 S&P500       USD 3,931.33  - 1.26(-0.03 %)
 
ダウ工業株30種平均は続伸し、連日で最高値を更新。欧州株の下落を受け売りや相場の過熱感の警戒から一時売りが先行し180ドル超下落した。しかし、米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の内容が好感され買われた。FOMC議事要旨は1月26日-27日分で「米景気回復はFRBの目標にはほど遠いとの認識で一致」、市場が警戒する物価上昇について「一時的で長続きしない」との認識が示された。当面は緩和的な金融政策が続き、株式相場の活況が続く見込みとなった。
 
ウォーレン・バフェット氏が率いる投資会社バークシャー・ハザウェイが2020年10~12月期にベライゾンとシェブロンの株式を新規に購入。製薬のメルクを買い増ししたと16日夕方に判明。ベライゾンが5%高、シェブロンは3%高、メルクも2%上昇し市場を支えた。
 
*為替(2月18日6時21分)
 ドル/円  105.87-105.88     
 ユーロ/円 127.49-127.51
ユーロ/ドル1.2041-1.2043
 ポンド/円 146.78-146.84
 
ドル円は105円台に下落したが、105円台半ばに来ている200日線を試す様相は見られない。一時、106.20円付近まで上昇し、5ヵ月ぶりに高値水準となった。朝方発表の1月の米小売売上高が予想以上だったことが支えた。
 
米小売売上高については前月比で5.3%増加。全業種に渡って増加しており、12月の600ドルの直接給付効果によるとみられている。追加経済対策で盛り込まれている1,400ドルの直接給付が3月に実現する見込みで、今後さらなる個人消費の盛り上がりが期待される。
 
ユーロドルは1.20ドル台前半まで一時下落。再び心理的節目の1.20ドル割れを試す動きも出ている。対ポンドや円でもユーロは下落しており、ユーロ円は127円台半ばまで下落。
 
*債券
 米国債10年 1.282%(-0.032)
 
*商品
 NY原油(WTI) 1バレル= USD61.14 +1.09(+1.82%)(3月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD1,772.80  -26.20(-1.46%)(4月渡し)
 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。