ダウ・S&P連日で最高値更新 順調なワクチン接種と企業決算受け  

2021/04/19

【4月16日 テクニカルアナリシス】DAXはどこまでいくのか?

3月5日から上昇し続けているドイツ株式指数は、金曜日には1%の上昇が見られ、15,500ユーロ付近の過去最高値を更新し取引が続いている。
 
短期的なサポートは前回の高値である15,300ユーロ付近。これが維持されなければ、中期的な上昇トレンドラインである15,000ユーロに向かって下落する可能性もある。さらに、15,150ユーロ付近にも強いサポートラインがある。
 
4時間足チャートに強いサポートが多いことを考えると、ブル(強気)のモメンタムが今後数日間は続くように見受けられる。
 
しかし、月足のローソク足はボリンジャーバンドを大きく上回っており、これは歴史的に見ても強い売りシグナルが出ている。上昇局面での次の目標は15,500ユーロ、その後は16,000ユーロあたりになる可能性もある。DAXは現在非常に買われすぎており、上値が上昇しすぎともいえるが、勢いは実に強い。
 
【追記】4月16日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は続伸。終値は204.42(1.3%)高の15,459.75と最高値を更新した。米国や中国の良好な経済指標から世界経済の回復期待が高まり買われた。
 
 

【日本】日経平均は小幅に続伸 好調な米国主要3指数受け 

■主なマーケットデータ(4月16日)
  • 日本株式
 日経平均株価     29,683.37円  +40.68(+0.14%)
  安値 29,621.83円  -  高値 29,789.08円
 東証出来高  9,0915万株
 東証売買代金 2兆0555.80円
 
4月16日の日経平均株価は小幅に続伸。好調な米国株式主要3指数を受け大幅に上昇して始まったが、新型コロナウイルス感染拡大や決算が本格化前の利益確定売りが出て、何度かマイナス圏に沈むこともあった。しかし、底値は固くプラスで終えた。
 
  • 為替(17時)
4月16日の東京外国為替市場で、USDJPYは、引き続き108後半の取引が続き17時時点は108.87-88で推移。国内輸入企業によるJPY売り・USD買いがJPY相場を押し下げた。しかし、順調なワクチンによる経済回復期待から底値は堅かった。
 
EURJPYは17時時点では130.47-49。EURUSDの17時時点は1.1984-85。
 
  • 短期金融市場
 無担保無担保コール翌日物金利  -0.014%
 
  • 債券
 国債先物・21年6月限  151.36(+0.02)
 10年長期金利  0.085%(変化なし)
 
 

【米国】

■主なマーケットデータ(4月16日)
  • 株式
 NYダウ平均  USD 34,200.67  +164.68 (+0.48%) 最高値更新
 NASDAQ総合  USD 14,052.342  +13.579(+0.09 %)
 S&P500      USD 4,185.47  +15.05(+0.36 %) 最高値更新
 
4月16日の米株式市場のダウ工業株30種平均は3日続伸し、連日で過去最高値を更新した。終日プラス圏で推移し、順調なワクチン接種を受けた経済回復期待から景気敏感株が買われた。また、企業決算が良好であることも支援材料となった。S&P500も最高値を更新した。
 
本日発表の3月の米住宅着工件数(結果:173.9万件、予想:161.1万件、前月:142.1万件)が大幅に増加し、前月比19.4%増と市場予想を大幅に上回り、2006年以来の水準となった。
 
また、中国の2021年1-3月の実質国内総生産(GDP)も16日に発表され、過去最高の前年同期比18.3%増となったことも寄与した。中国が四半期毎のGDPの記録を始めた1992年以降、最大の伸び。
 
  • 為替(4月19日7時25分)
 USDJPY 108.78-108.79
 EURJPY 130.21-130.22
 EURUSD 1.1970-1.1970
 GBPJPY 150.42-150.43
 GBPUSD 1.3827-1.3828
 
4月16日のニューヨーク外国為替市場でUSDJPYは、方向性が乱せず108後半での取引が続いた。一時108.60となったが持ち直した。今後の材料としては、日米首脳会談の動向。
 
EURJPYは一時130.54とこの日の安値を付けたが、130.30前後で推移した。さらに、4月の米消費者態度指数(速報値、結果:86.5、予想:89.6、前月:84.9)も良好で一年ぶり(20年3月以来)の高さとなった。
 
EURUSDは米長期金利の指標である米10年債利回りが一時1.55%まで低下しEUR買い・USD売りが強まり、一時1.1995と3月4日以来の高値となった。
 
 
  • 債券
 米国債10年 1.589(+0.013)
 
  • 商品
 NY原油原油(WTI) 1バレル=USD63.13 -0.33(-0.52%)(5月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD1,780.20  +13.40(+0.76%)(6月渡し)
 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。