テーパリング観測後退により全般USD売りが先行

2021/06/08

【日本】大きな動き無く、狭いレンジでの取引続く  

■主なマーケットデータ(67日)

  • 為替(17時)

67日の東京外国為替市場大きな動きもなく、狭いレンジでの取引となった。USDJPYは、5月の米雇用統計が市場予想を下回ったことを受け、非常に狭いレンジ(109.38-109.64)での取引。大きな動きも無く、17時時点では109.42

 

EURUSDも狭いレンジ(1.2145-1.2173)での取引。一時、米10年債利回り先物が1.57%台に戻り、USD買い・EUR売りとなり本日の安値(1.2145)になった。しかし、欧州での景気回復期待の高まりから底値は固く、すぐに1.2160台に値を戻し17時時点で1.2167

 

EURJPY133.05-133.38での取引。特に、膠着感が強く17時時点では133.14

 

  • 日本株式

 日経平均株価     29,019.24円  +77.72+0.27%

  安値 28,973.05- 高値 29,241.20

 東証出来高 9,4592.00万株

 東証売買代金 21910.35億円

 

67日の日経平均株価は反発し、終日プラス圏で推移した。先週末4日に米長期金利が低下し、ハイテク株が中心に買われた流れを引き継ぎ、寄り付きで300円弱上げ幅を広げた。その後、5月の米雇用統計が市場予想を下回ったことを受け、早期の量的緩和縮小(テーパリング)への懸念が若干後退し、小幅な動きとなった。

 

  • 短期金融市場

 無担保コール翌日物金利  -0.032%

 

  • 債券

 国債先物・216月限  151.54+0.11

 10年長期金利  0.075%-0.005

 

 

【米国】

■主なマーケットデータ(67日)

  • 為替(6860分)

 USDJPY 109.23-109.27

 EURJPY 133.14-133.20

 EURUSD 1.2189-1.2189

 GBPJPY 154.85-154.98

 GBPUSD 1.4176-1.4185

 

67日のニューヨーク外国為替市場のUSDJPYは、米連邦準備理事会(FRB)による早期の量的緩和の縮小(テーパリング)観測が後退したため、全般USD売りが先行。一目均衡表転換線(109.53)や基準線(109.34)を抜け、目先のストップロス(損切り)が出て本日の安値109.19を付けた。売りが一巡すると109前半で落ち着き、終値は109.2510日の5月米消費者物価指数(CPI)の発表を控え、様子見の相場となっている。

 

EURUSDは、先週末にテーパリング観測が後退したためUSD売りが継続。国営ロシア通信(RIA)が「ロシアは外国為替の流動性をユーロにシフトする刺激策を計画している」と報じたことを受け、EUR買い・USD売りにつながった。先週末の高値(1.2185)を超え、1.2202まで値を伸ばした。一時、売りが先行していたEURGBPが持ち直したこともサポート要因となり、終値は1.2190

 

EURJPYは、USDJPYの下落に連れた売りが出て本日の安値(132.89)を付けたものの、EURUSDの上昇につられた買いが入り133.31に持ち直した。終値は133.17

 

先週末に24ヶ月ぶり高値を記録したZARだが、変動リスクが強い通貨だけに早くも利益確定売りに押され、対USDでは一時13.5413、対JPYでは8.07に下落した。なお、南アフリカ政府と公務員労働組合の賃金交渉を経て、ストライキに発展するリスクがあり今後の動向に注意が必要。

 

  • 株式

 NYダウ平均  USD 34,630.24  -126.15 -0.36%) 

 NASDAQ総合 USD 13,881.721 +67.232+0.48 %

 S&P500   USD 4,226.52  -3.37-0.07 %) 

 

67日の米株式市場のダウ工業株30種平均は反落。景気回復期待の高まりから朝方は上昇し、57日に付けた過去最高値(34,777ドル)に迫る勢いだった。しかし、景気敏感株が売られ、早々にマイナス圏に沈み、その後もマイナス圏で推移した。

 

ワクチン接種を一回以上接種した人の割合が5割を超えたことに加え、米疾病管理予防センターがロイヤル・カリビアンのクルーズ船に米国外での運行を許可したことから、景気回復期待が高まり、底値は固かった。

 

  • 債券

 米国債10年 1.569+0.015

 

  • 商品

 NY原油(WTI) 1バレル=USD 69.23 -0.39-0.56%)(7月渡し)

 NY金(COMEX) 1オンス=USD 1,898.80  +6.80+0.36%)(8月渡し)

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。