USD買戻し優勢となるも株安や長期金利の低下から上値は重い

2021/08/02

【日本】ニューヨーク外国為替市場の流れを受けUSD売りが先行  

■主なマーケットデータ(7月30日)
 

  • 為替(17時)

7月30日の東京外国為替市場のUSDJPYは、ニューヨーク外国為替市場の流れを引き継ぎ、午前中にこの日の安値109.36を付けた。その後は、小幅ながら月末の実需のUSD買いで値を戻し、この日の高値109.63となった。欧州勢参加後は再びUSD売りが強まり17時時点では109.53付近。
 
EURUSDは大きな動きがなく、狭いレンジ(1.1875-1.1896)での取引。午前は小幅な値動きだったが、欧州勢が参加すると買いが強まり、この日の高値を付けた。17時時点では1.1895付近。
 
EURJPYは、EURUSDの上昇につられ、この日の高値130.35に上昇。17時時点では130.28付近。
 

  • 日本株式

 日経平均株価     27,283.59円  -498.83(-1.80%)
  安値 27,272.49円  -  高値 27,699.35円
 東証出来高  12,3671万株
 東証売買代金 2兆8469.28億円
 
7月30日の日経平均株価は大幅に反落。前日に日本国内の1日のコロナウイルス新規感染者数が初めて1万人を超え、東京などに発令されていた緊急事態宣言が8月31日まで延長されたことを受け1月6日以来の安値を付けた。景気敏感株を中心に広く売られ朝方から徐々に下落。11時頃に買戻しが入り、持ち直した。午後になると、徐々に値を下げ14時19分に約510円下落し、この日の安値を付けた。業種別では海運業とゴム製品が上昇した以外は全て下落。
 

  • 短期金融市場

 無担保コール翌日物金利  -0.044%
 

  • 債券

 国債先物・21年9月限  152.30(-0.02)
 10年長期金利  0.015%(変化なし)
 

【米国】

■主なマーケットデータ(7月30日)
 

  • 為替(8月2日6時00分)

 USDJPY 109.68-109.69
 EURJPY 130.15-130.20
 EURUSD 1.1867-1.1869
 GBPJPY  152.49-152.57
 GBPUSD 1.3904-1.3908
 
7月30日のニューヨーク外国為替市場では、USDJPYはUSD売りが落ち着き、USDの買戻しが優勢となりこの日の高値109.83を付けた。株安や長期金利が1.22%台に下落した影響から上値は重かった。この日、いくつか経済指標が発表されたが影響は軽微だった。週末の利益確定売りや、8月6日発表の7月雇用統計を控えた様子見の影響も大きかった。終値は109.72付近。
 
30日に発表された主な米国の経済指標
・6月 個人消費支出(PCEコア・デフレーター、食品・エネルギー除く、前年同月比、結果:3.5%、予想:3.7%、前回:3.4%)、予想を下回る
・7月 シカゴ購買部協会景気指数(結果:73.4、予想:64.6、前回:66.1)、大幅に予想を上回る
・7月 ミシガン大学消費者態度指数・確報値(結果:81.2、予想:80.8、前回:80.8)、予想を上回る
 
EURUSDは弱含み。ユーロ圏4-6月期 四半期域内総生産(GDP、速報値、前期比、結果:2.0%、予想:1.5%、前回:-0.3%)が予想を上回り、6月30日ぶりの高値1.1909を付けた。その後、株安や長期金利が低下。さらに、リスクオフのUSD買いや月末の需給からロンドンフィキシングにUSD買いが入り、この日の安値1.1852を付けた。終値は1.1870付近。
 
GBPは月末のロンドンフィキシングに絡んだ売りが出て弱含み。GBPUSDは1.388、EURGBPは0.8538、GBPJPYは152.45まで売られた。
 
EURJPYはUSDJPYの動きにつられこの日の高値130.50を付けたが、その後EURUSD下落の動きにつられ130.07に下落。終値は130.23付近。
 

  • 株式

 NYダウ平均  USD 34,935.47  -149.06 (-0.42%)
 NASDAQ総合  USD 14,672.678  -105.586(-0.71%)
 S&P500      USD 4,395.26  -23.89(-0.54%) 
 
7月30日の米株式市場のダウ工業株30種平均は反落。開始直後は徐々に値を上げていたが、10時過ぎから急激に下落。前日の夕方に決算を発表したアマゾン・ドット・コムが売上高見通しで市場予想を下回り、昨年5月以来の大幅安となったことが主な要因。この影響により、投資家心理が悪化し、主力ハイテク株中心に売りが先行した。また、月末の持高調整も発生し、景気敏感株にも売りが入った。
 

  • 債券

 米国債10年 1.226(-0.044)
 

  • 商品

 NY原油(WTI) 1バレル=USD 73.95 +0.33(+0.45%)(9月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD 1,817.20  -18.60(-1.01%)(12月渡し)

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。