明日発表の8月米消費者物価指数の鈍化懸念から長期金利が低下しUSD売りが優勢に

2021/09/14

【日本】リスクオフや実需のUSD買いが優勢に

■主なマーケットデータ(9月13日)
  • 為替(17時)
9月13日の東京外国為替市場。午前中のUSDJPYは、ほぼ横ばいで推移していたが14時頃からリスクオフや実需のUSD買いが優勢となり上昇基調となった。この影響により、この日の高値110.16付近まで買われた。その後、米長期金利の上昇が落ち着くと伸び悩んだ。17時時点では110.08付近。
 
EURUSDは欧州勢参加後売りが強まり、一時8月27日以来の安値1.1775を付けた。売り一巡後は米長期金利の低下が落ち着き、底値は固かった。17時時点では1.1786付近。
 
EURJPYは129.7-129.8台の狭いレンジでの取引が中心となりもみ合い。17時時点では129.75付近。
 
  • 日本株式
 日経平均株価     30,447.37円  +65.53(+0.22%)
  安値 30,229.01円  -  高値 30,447.37円
 東証出来高  1,135,44万株
 東証売買代金 2兆8504.41億円
 
9月13日の日経平均株価は小幅に続伸。利益確定売りが出て小幅な下落から始まりマイナス圏に沈んだが、コロナウイルスの新規感染者の減少や政局への期待の高まりからプラス圏に浮上した。その後、売りが優勢となり再びマイナス圏に沈んだ。しかし、押し目買いが支えとなり徐々に上げ幅を拡大。2月16日の年初来高値(30,467.75円)に迫る高値で取引を終えた。株価指数(TOPIX)は前週末比6・06ポイント(0.29%)高の2,097.71と連日で年初来高値を更新した。
 
  • 短期金融市場
 無担保コール翌日物金利  -0.016%
 
  • 債券
 国債先物・21年9月限  151.79(-0.03)
 10年長期金利  0.040%(変化なし)
 
 

【米国】

■主なマーケットデータ(9月13日)
  • 為替(9月14日6時00分)
 USDJPY 109.93-110.04
 EURJPY 129.83-130.00
 EURUSD 1.1810-1.1812
 GBPJPY  152.11-152.30
 GBPUSD 1.3830-1.3843
 
9月13日のニューヨーク外国為替市場。USDJPYは、明日発表される8月米消費者物価指数(CPI)が鈍化するとの見通しから長期金利が1.31%台に低下した影響や株高を受けたリスクオンのUSD売りが優勢となった。一時109.90付近まで下落したが、この日の安値109.83がサポートとなり上昇した。明日のCPIや米連邦準備理事会(FRB)のテーパリング(金融緩和の縮小)の開始時期を見極めたいとの投資家心理からNY時間では109.90台から110台前半の非常に狭いレンジでの取引となった。終値は109.99付近。
 
EURUSDは、ロンドン時間からNY時間にかけ欧米の株価指数が上昇しリスクオンのEUR買い売りが優勢となり、この日の高値1.1817を付けた。その後は、上値は重くほぼ横ばいで推移し終値は1.1811付近。
 
EURJPYはEURUSDの動きにつられ一時129. 59とこの日の安値を付けたが、売り一巡後は129.94付近まで上昇。その後は、ほぼ横ばいで推移し終値は129.91付近。
 
ハリケーン「アイダ」による被害から米国海上油田の生産量が完全に回復していない中、ハリケーン「ニコラス」がテキサス州に迫っていることを受け原油価格が上昇。産油国通貨のCADが一時、対USDで1.2638、対JPYで87.02を付けた。メキシコペソも上昇し、対USDで19.8486、対JPYは5.55を付けた。
 
  • 株式
 NYダウ平均  USD 34,869.63  +261.91 (+0.75%)
 NASDAQ総合  USD 15,105.582   -9.912 (-0.06%)
 S&P500      USD 4,468.73  +10.15(+0.22%)  
 
9月13日の米株式市場のダウ工業株30種平均は6日ぶりに反発。13時頃まで利益確定売りと押し目買いが交錯した。午後になると明日発表される消費者物価指数(CPI)を前に取引を控える動きが出て下落。その後はコロナウイルスの感染にピークアウトの兆しが出ていることが支えとなり終わりにかけ上昇した。原油価格の上昇から石油株が上昇。資本財や金融株を中心に景気敏感株が買われた。
 
  • 債券
 米国債10年 1.326(-0.015)
 
  • 商品
 NY原油(WTI) 1バレル=USD 70.45 +0.73(+1.05%)(10月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD 1,794.40  +2.30(+0.13%)(12月渡し)
 
クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。