USDJPY 良好な経済指標からUSD買いが優勢に

2021/09/17

 

【日本】アジア圏の株式指数の下落からリスクオフの全般JPY買いに

■主なマーケットデータ(9月16日)

  • 為替(17時)

9月16日の東京外国為替市場。USDJPYは、109前半の狭いレンジで推移した。中国恒大集団の債務問題の影響が膨大と懸念されアジア圏の株式が下落した動きを受け、リスクオフの姿勢が強まりJPY買いが優勢となった。しかし、8月の米小売売上高の発表を控え、様子見の姿勢が強まり動きは限定的だった。17時時点では109.35付近。
 
EURUSDは下落傾向。中国恒大集団の債務問題の懸念からリスクオフの姿勢が強まり朝方から軟調で推移。欧州勢参入後はさらにEUR売りが強まり、昨日の安値1.1799を抜け1.1778まで下落。17時時点では1.1781付近。
 
EURJPYは、中国恒大集団の債務問題の懸念からリスクオフの姿勢が強まり弱含み。売りが先行し、欧州勢参加後EURUSDの下落も重しとなり8月25日以来の安値128.80を付けた。17時時点では128.83付近。
 

  • 日本株式

 日経平均株価     30,323.34円  -188.37(-0.62%)
  安値 30,202.51円  -  高値 30,622.39円
 東証出来高  1,261,50万株
 東証売買代金 3兆4660.03億円
 
9月16日の日経平均株価は続落。朝方は好調な米主要3指数を受けプラス圏で推移したが、急激な株価の上昇から過熱感や利益確定売りから徐々に下落。マイナス圏に沈み、13時前に下げ幅を310円近くまで広げた。中国恒大集団の債務問題からアジア圏の主要指数が下落したことも重しとなった。その後は、政局への期待感から買いが優勢となり徐々に上昇した。
 

  • 短期金融市場

 無担保コール翌日物金利  -0.026%

  • 債券

 国債先物・21年12月限  151.78(-0.08)
 10年長期金利  0.030%(-0.010)
 
 

【米国】

■主なマーケットデータ(9月16日)

  • 為替(9月17日6時00分)

 USDJPY 109.70-109.74
 EURJPY 129.12-129.15
 EURUSD 1.1766-1.1769
 GBPJPY  151.24-151.42
 GBPUSD 1.3789-1.3797
 
9月16日のニューヨーク外国為替市場。USDJPYは、8月小売売上高(前月比、結果:0.7%、予想:-0.8%、前回:-1.1%)や9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数(結果:30.7、予想:18.8、前回:19.4)がいずれも予想を上回り、長期金利が1.35%台に上昇するとUSD買いが優勢となった。この影響から、この日の高値109.83付近に上昇。その後、ダウ平均が下落した動きを受けクロスJPYが優勢となると109.61付近まで下落したが、ダウ平均に押し目買いが入り底値は固かった。終値は109.73付近。
 
EURUSDは朝方、軟調に推移していたが、26日のドイツ連邦議会選挙(総選挙)の行方に懸念が広がり、欧州勢参加後EUR売りが加速した。さらに良好な米経済指標を受けUSD買いが強まったことも重しとなり8月27日以来の安値1.1750付近に下落。その後は軟調に推移し、終値は1.1767付近。
 
EURJPYは、朝方から軟調。欧州勢参加後にEURUSDの動きにつられ8月24日以来の安値128.61を付けたが、売りが一巡すると買戻しが入り上昇基調に転じた。その後、USDJPYの動きにつられたEUR買い・JPY売りが出て129.18に回復。終値は129.11付近。
 

  • 株式

 NYダウ平均  USD 34,751.32  -63.07 (-0.18%)
 NASDAQ総合  USD 15,181.924   +20.394 (+0.13%)
 S&P500      USD 4,473.75  -6.95(-0.15%)  
 
9月16日の米株式市場のダウ工業株30種平均は反落。朝方発表された8月の小売り売上高や9月フィラデルフィア連銀製造業景気指数の結果が好感され上昇したが、コロナウイルスの感染拡大から景気回復の懸念が強まり景気敏感株が売られた。11時過ぎに押し目買いが入り徐々に上昇し下げ幅を縮め、一時プラス圏に上昇するも下落しマイナス圏に沈み終えた。
 

  • 債券

 米国債10年 1.334(+0.036)
 

  • 商品

 NY原油(WTI) 1バレル=USD 72.61 +0.00(+0.00%)(10月渡し)
 NY金(COMEX) 1オンス=USD 1,756.70  -38.10(-2.12%)(12月渡し)

クッキー(Cookie)について: お客様が本ウェブサイトにアクセスする際、セキュリティの確保やお客様に関する情報を取得することを目的に、クッキー(Cookie)を使用する場合があります。
本ウェブサイトにお客様が継続的に訪問する場合、クッキーについて同意することと見なします。またクッキーはいつでも削除することが可能です。